コラム:海外のセキュリティ事情 第2話 「海外での被害事例(中国編)」 « 豊橋商工会議所 海外展開支援室

 

コラム:海外のセキュリティ事情 第2話 「海外での被害事例(中国編)」

「海外のセキュリティ事情」についてのコラム第2回目です。 (第1回は2月2日掲載)

海外では、被害に遭遇しない為に、それぞれの場所や状況において必要な対策を講じる必要があります。今回は中国で発生した事例を数例紹介しながら対策を考えましょう。

①ぼったくり: 街中で『お兄さん!…(日本語)』という誘惑めいた呼び込みに乗ってしまって、ぼったくりに遭うケースや、カップルから『日本語を勉強中です。そこの喫茶店で日本語教えて下さい。』など言葉巧みに歩み寄られ、喫茶店と結託して法外な料金を請求されるケースが報告されています。常に用心を忘れないようにしましょう。

②スリ・置引き: 観光地・繁華街・バス内など人の多い場所では、リュックやバックをナイフで切り裂き、中のモノを盗む手口も多いようです。また、複数で日本人を囲み、1人が注意をそらし、他の者がスリに及ぶケースもあります。持ち物からは目を離さずに管理をしっかりしましょう。

③女性関係: 中国では,風俗関係(売春・賭博)以外でも、女性が酒席で接客するサービスは犯罪であり、それを逆手にとり『公安や会社に言うぞ』と揺すってくるケースや、現地のお店で知り合った女性が、駐在員の任期終了間際に会社に押しかけ、関係を暴露したり脅迫めいた騒ぎを起こしたりするケースもあるようです。お酒の場では、会社・仕事の話は慎みましょう。

④情報ドロボウ: 日系現地法人の中国人管理職が、会社の製品情報を持ち出して、従業員を引き抜き、別の会社を建てて同じ製品を製造していたケースや日本人駐在員が長期不在の間に中国人パートナーが勝手に会社の名義変更したケースもあるようです。重要書類へのセキュリティ対策や情報セキュリティ対策も重要です。

 次回は、被害に遭わない為の《海外安全対策の6か条》について紹介します。

資料提供:ALSOK綜合警備保障株式会社 海外事業部 中谷義則 氏

     

2012年2月14日 掲載


 







Warning: include(/home/osckk/tcci-wbiz.jp/public_html/wp-content/themes/template/ft02.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/osckk/tcci-wbiz.jp/public_html/wp-content/themes/template/single-1.php on line 88

Warning: include(): Failed opening '/home/osckk/tcci-wbiz.jp/public_html/wp-content/themes/template/ft02.php' for inclusion (include_path='.:/opt/php-5.6.30/data/pear') in /home/osckk/tcci-wbiz.jp/public_html/wp-content/themes/template/single-1.php on line 88